世界ふしぎ発見にも特集されるココナッツオイル

世界ふしぎ発見では様々なミステリーや役に立つ情報を取り上げてくれるので、とても人気の高い視聴率を誇る番組です。

 

その番組内でもココナッツオイルは、スーパーフードのチアシードと一緒に特集されていました。

 

ダイエットに効果があったり、コレステロールを下げる効果などほんとうに多くの効能が注目されて、多くのココナッツオイルの商品が販売され、多くの方が手にされていることと思います。
そんなココナッツオイルというのは、ココナッツの実から抽出された油分で、一定の気温になると固まって、温かくなると溶けて透明の色になる面白い特性も持っているんですね。

 

一般的に販売されているココナッツオイルは、大きく分けると2種類のココナッツオイルがあります。
通常のココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルと言われているものです。

 

違いはその生成方法で、コールドプレス製法と言われているゆっくりとココナッツの実を絞ってそのエキスを抽出して生成されているものかの違いがあります。
この生成方法の違いで、ココナッツオイルの成分による効果は変わってくるので、この違いを知っていないとココナッツオイルだからどれも同じような効果があると
勘違いをおこしてしまうんですね。